yuzuha18の異世界見聞録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuzuha18の異世界見聞録

私的ファンタジー設定メモです

異世界の植物①『サフルー』

さて

異世界の動物を考えるからには

植物も考えなければ変ですよね

 

しかし

神話や伝承

ゲームや小説など

ファンタジーに架空の動物が登場することは多くても

植物は意外と少ないようです

また、モンスターは様々な作品で共通するものも多いのですが

植物は独自のものが多く

そのため

「毒消し草」

「回復草」

など、その用途がそのまま名前になっていることが多いです

設定厨の私としてはそれでは面白くないので

今回は各地の伝承や神話から

それっぽいものを探して設定を詰めていこうと考えています

最初の1つは「サフルー」です

これは古代ローマのレシピに記されたハーブで

厳密には実在の植物を指すそうですが

何を指すかは全く不明だそうなので

せっかくなのでファンタジー薬草の名前として

使わせてもらいましょう

【オリジナル】「サフルー」イラスト/ゆずは@18日 [pixiv]

 

サフルーは水はけの良いアルカリ性の土壌に生えます

原産地はこの間設定した地図でいうところの北のほう

ポホヨラ西部にしましょう

異世界ミズガルドの地図はこちら

高さは80cmほどに成長し

全国各地で高級食材として栽培されていますが

人の立ち入らない山野で育ったものの方が

品質はいいです

用途は主に「夜明け茶」と呼ばれる高級ハーブティー

都市部の貴族等に高値で取引されます

甘い芳香のある紫色の3〜4cmの花を乾燥させ

お湯で抽出したもので

透き通ったターコイズブルーが綺麗な飲み物です

クリソメリアと呼ばれる柑橘類のスライスを浮かべると

綺麗なピンク色に変化することからこう呼ばれ

蜂蜜に当たる「ティジー・ウィジーの糖蜜」を入れて

飲みます

若葉と花は生でサラダにすることもあり

こちらも高級食材です

手のひら状に切れ込みの入った葉と根は生産者の農家が茹でて食べます

葉の表面は紺色のラメっぽい光沢があり

縁は滑らかで白い膜があります

白い部分は苦味があり、青い部分はほんのり甘いです

花期は初夏から夏

果実は小さくて固く渋いため食べられませんが

丸く中央に凹みがあり

あんドーナツのような形をしています

 

こんなもんですかね

今回は特に魔力を帯びているなんてことは想定していないので

これだけの設定があればいいでしょう