yuzuha18の異世界見聞録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuzuha18の異世界見聞録

私的ファンタジー設定メモです

異世界の国①『プティア王国④』

さて 身分の話の続きです 平民は人口の6割以上を占めます 残りの3割5分が奴隷、その他が貴族です 苗字を持つのは貴族以上で、平民や奴隷にはありません 貴族は自由に金銭が扱えますが、平民は別です 物品を行政や質屋に持ち込んで換金して使うか あるいは…

魔法の設定についてロジカルに考える⑥「魔法の属性って?」

さて、 魔力について話してきましたが 一度魔法に立ち返ってみましょう 魔法には大抵「属性」がありますよね 火、水、土とか 光と闇は高度とか。 あれについて考えてみましょう まずどこから取り掛かるか 光と闇は高度な魔法というところにしましょう 高度………

魔法の設定についてロジカルに考える⑤「魔力に満ちた場所とは?」

さて、今まで散々 「魔力がある」 とか 「魔力がない」 とか 言ってきましたが、 「魔力は物理量の一種」 という当初の仮説を考えれば これは少々誤解を招く表記ですね。 魔法の源である魔力は 車の動力源であるガソリンのように 「ある」から「動く」 「な…

魔法の設定についてロジカルに考える④「魔法を発生させる身体器官は何?」

さて、 異世界の人は 体内の特定の臓器は魔力を貯めることのできる電池のような器官だ と考え、そのことによって実際に、 魔力のある異世界ではそれが本当に魔力を貯める器官となる という話でした。 ここで「新規に内臓が生成される」 としなかったのは、 …

魔法の設定についてロジカルに考える③「具体的に魔法を使うプロセスは?」

さて、 魔力は ある事象に対して通常あり得ない仮定を置くことで それを仮定した事による因果法則の改ざんによって生じ その結果として仮定は現実のものとなる ってことでしたね つまり 意図的に魔力を発生させる場合 脳内で「できるだけ現実とかけ離れた仮…

魔法の設定についてロジカルに考える②「魔法を使うには?」

さて、私の世界の「魔法」の大まかな外枠が決まってきました。 魔力について補足を。 当然の事ですが、 思った事が実際に起こるという事は 実際に起こるレベルで思っていなければいけません つまり 「あのリンゴをなんかいい感じに」 などという漠然とした仮…

魔法の設定についてロジカルに考える①「そもそも魔法って何?」

さて、異世界といえば剣と魔法の世界ですよ。 つまり半分は剣! もう半分が魔法! 剣は置いておくとして、やっぱり最初に設定を作るのは魔法が良いかな、なんて。 そんなわけでざっくり作り込んでいきますね まずは魔法の定義。 「魔力をエネルギーとして特…